青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2013.03.04.Mon

一緒にいようね

こんばんは、手先指先に全く潤いがなくなったたれままです。あぁもうカサカサですよ。寒いからとお湯を使うので脂分とか飛んじゃうんでしょうが、お水はお水で手が凍えて赤くなりひび切れるんですよね~。クリームをこまめに塗ればいいんでしょうが、仕事では難しいし、家に帰ってもすぐご飯の支度だから塗りたくないし。ゴム手袋でもしてたほうがいかしら?

今日仕事では来ると思ってた人が次から次へと来ない状態で、オマケに今居る人も数名違うところへ手伝いに行かされ、ここの仕事どうするんじゃい!と怒りたくなるほど人がいなかった。子供さんが熱出して~とかは仕方ない事だけど、人数少ないのに手伝いに駆り出しちゃうなよ!と上の人に物申したいです。ま、そっちが終わったら戻ってきてくれたし、別でお手伝いしてくれる人も来たので時間内に終わりましたけどっ!明日はまたどうなるのかな~?



昨日の日曜日、家でまったりしてたら元トレーナーさんから「家の犬が土曜日の夕方いなくなっちゃった!」とメールが来ました。しかも鎖つけたままどこか行ってしまったらしいので、もし見かけたら~っていう内容でした。

まぁ場所が遠いのでこちらまで来ることはないだろうとは思うんですが、保健所や動物病院とかに連絡してみたら?と返すと警察や動物病院には連絡済、保健所は土日なのでやってないから今日連絡すると言ってました。

元トレーナーさん、今日は犬探すのでお仕事休みかな?なんて思ってましたが、普通に来てたので見つかったのかと聞いたらまだ見つからないと。心配で心臓が痛いとか言ってたけど、本当どこ行っちゃったんだろう?と私も心配してました。

鎖ついたままだから普通の迷子犬より分かりやすいから見つかるかも?という期待と、もしどこかで車とかにはねられてたら…って恐怖とあって、私でさえそう思うのだから飼い主である元トレーナーさんからしたらもっと心配ですよね。

図.書.ボで新聞配達してる人がいるので、もしなんならその人にも声かけてみようかなと考えてましたが、先ほどメールが来て「見つかりました!」との嬉しい報告がありました。誰かが鎖を外したようで、近所の犬の所にいたのをその家の人が連れてきてくれたそうです。「良かった、良かったね~」と返しましたが本当に良かった。

よく動物病院とかで迷い犬のチラシとか貼ってあって、日にちとか見るといなくなったのが数ヶ月前とかなので見つからないんだろうな…と。そういうの見ると早く飼い主さんの元に戻ってあげてと祈ってしまいます。

自分ちも猫二匹いますし、実家では昔犬を飼ってたのでいなくなる怖さってやっぱりあるんですよね。猫なんて死期を悟るといなくなるとか言うじゃないですか?フラッとどこか行ってそのままどこかで死んでしまうより、目に入る場所で最後を迎えて欲しいと思うんですが、その日が来るのを想像するとそれもすごく怖いです。

それでも今二匹が生きて側にいてくれる。その時間を大切にして、これからも一緒に過ごしていきたいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |