ホラー&ミステリー

先ほど少し雨が降ったし、雷もちょこっと鳴ってたけど昨日や一昨日ほどじゃないので今日はパソコンから記事が打てます。そして息子の宿題も何とか冷静になって見てやることも出来ました。テレビで虐待がどうのってやつ見たからかな…。息子がまだ乳児だった頃を思い出して悲しくなったよ。もしあの時、息子を叩いた事で間違って頭でも打って怪我なり死んでしまっていたら、私も今こうしてここになんていられなかっただろうな。

ここのブログを見ている方は僅かですが、もしもあなたが育児とかで悩んでいるようなら、少しでも早く周りの人なり、市や町の家庭相談所などに駆け込んでくださいね。子供だけではなくきっと自分が救われる道があるはずですから。

でもそんな事言ってる自分もまだまだ手探りで子育て中ですし、毎日怒ってるほうが多いんですから。怒るっていうのは困ってる事なんだとそのテレビで言ってました。子供に対してイライラするって言うのは、自分が子供に対してどうしていいかわからなくてイライラしてるんだって。時間はかかっても1つずつ息子の性格や行動などを見極めて、なにがこの子にとっていい事なのかずっと考えていくんだろうなぁ~。ふぅ~。

何だかしんみりしちまったぜ。気を取り直して!昨日と今日は休みでしたが結局何もやらなくて終わってしまいました。来週の水曜も休みの予定らしいですが、来週こそは何か、どこか行けるといい。その前に自分がこの猛暑にやられてないといいんだけどね。




特に書ける記事もなかったので、今手元にあった古本の紹介をしようかな。




篠原千絵さんの短編集2冊
『そして5回の鈴が鳴る』
『凍った夏の日』
です。

まぁ短編集なので書いてしまうと大体がネタバレになってしまうのであまり話の内容には触れませんが、『そして5回の鈴が鳴る』には「訪問者は真夜中に…」「そして5回の鈴が鳴る」「優しい殺人者」「目撃者にさようなら」「冬の花は鎮魂歌」「クリスタル・ドール」「眠る街」「紅い伝説」の8作品が収録されています。

『凍った夏の日』には「3人目が消えた」「凍った夏の日」「殺意には蒼いリボンをかけて」「午前0時の逃亡者」「なにかが闇でみている」「自殺室 ルームナンバー404」「ウイークエンドの招待状」の7作品が収録されてます。

どれも人の欲や悪意、恐怖や切なさなどが織り込まれたストーリーです。紅い伝説はちょっと違うか…。どの作品が好きかと言われればデビュー作の「紅い伝説」なんですが、生まれ変わりとかそういった類ですね。

テレビや漫画で人の死に慣れてしまった感じがあるけど、でももしそれが自分の身に降りかかったら?そう考えると怖いですね…。人の欲はキリがないし、そのために邪魔な人間を排除しようとする人もいる。でも誰の心にもそういう部分ってあると思う。それがどんな事で、どういった形で出てくるのか分からないだけに、一番怖いのは妖怪とか霊ではなく、生きた人間なんだと思うな。

comment

Secret

CalendArchive

プロフィール

たれまま

Author:たれまま
「らんま1/2」が好きな主婦たれままです。らんまや日常、乙ゲー、その他の漫画・アニメも語ってます。
文字ばかりですが、読んで頂けたら嬉しいです。初めての方は取扱説明書をお読みください。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ