2013. 11. 06  
今日は1日頭が痛かったたれままです…。朝起きた時からもやもや~としてて、仕事始まる前に薬を1錠飲んだけど、結局仕事終わるまで治る事なかった…。今ご飯食べて薬を規定量の2錠飲んだら良くなったみたいだけど、ちゃんと用法容量正しく飲まないとダメね。

1日頭痛状態ってしんどい。そうじゃなくても仕事がいつもより面倒…だったもんで、頭痛くなって帰れないかな~ってことも考えたけど、それでも最後まで何とかやっちゃったわ。

家に帰れば息子がいつまで経っても帰ってこなくて、どうかしちゃったのかと心配したけど、いつものバスより3つ後のバスに乗って帰ってきました。前にやった合唱祭で最優秀賞を取ったそうで、明日の町内音楽会に出るそうなのでその練習かな。でもいつもより1時間も遅く帰ってきたら心配しますって。本人はのん気ですけど。頭痛いのにそういう事もあって余計頭痛いよ。

あんまり調子よくないし、書くこともあんまないので本でも出しときます。

今回は元が小説で、それを漫画化したものです。

最初はこちら。




『殺人切符はハート色』全1巻
『京都迷路地図はクローバー色』全2巻
原作:山浦弘靖 絵:浦川佳弥

昔コバルト文庫で出版してた山浦弘靖原作の「星子一人旅シリーズ」の漫画化です。

流星子(ながれせいこ)は高校2年生。学校でいじめグループと対立し、得意の合気道でやっつけたのは良かったものの、そのせいで10日間の停学。それを利用して親にナイショで初めての一人旅(お供に猫のゴンベエ)で長崎へ。途中で出会った美空宙太(みそらちゅうた)に付きまとわれながら、長崎をエンジョイしようとしたら…なぜか殺人現場に?!〈殺人切符はハート色から〉

小説の方は結構長いシリーズでトランプにちなんだ名前がついてました。頑張って買ってたけど段々疲れてきちゃって、途中で買うのを辞めてしまい、結局どうなったとか分からないけど、その流れで漫画化されるっていうんで買った本です。漫画化されたのはこの2作品だけだったと思います。

その漫画を描いてた人繋がりで




『ESP(エスパー)でごめんね』全2巻。

を買ったものの…正直う~んと悩んでしまうような本でした。

葵みおは中学2年生。おじいちゃんはSF作家兼超常現象を研究している。そこへ法明寺サトルが下宿人として葵家にやってくる。ある日、みおはおじいちゃんの研究室にあった飲み物を飲み倒れてしまう。それは超能力の力を増幅させる薬だった。超能力が使えるようになったと喜ぶみおだったが、サトルがいないと力をコントロールする事ができない。そこでいつも2人一緒にいるようおじいちゃんに言われるのだが…。

何が悩んでしまうって…主人公が可愛くない。口も悪い。なぜサトルを好きになったのかいまいちよく分からない。サトルの方も?最終話もこれで終わり?って感じでちょっと失敗したなと思った本でした。

星子シリーズの漫画化も、小説の挿絵を描いてる人(服部あゆみさん)ではなかったのも残念でしたし、星子と宙太もちょっとガッカリな絵だし。どちらかと言えば京都迷路~の方がまだいいかなぁなくらい。

今回結構酷評ですけど、いつも楽しいの買ってる訳でもなく、この作品気に入ったからこの人の他の作品も読んでみようと買うことが多かったので。それなので買ってみたけど読んでガッカリっていうのもあるので、そういうのも惜しみなく?作品紹介と自分なりの評価つけて出していきます。

そしてもう1つ、当時買ってた小説の漫画版。




『月光のピアス-ユメミと銀のバラ騎士団-』全1巻
『星影のブレス-ユメミと銀のバラ騎士団-』全2巻
原作:藤本ひとみ 絵:しもがやぴくす&みらい戻

これも確かコバルト文庫だったと思うんですが、藤本ひとみさんのシリーズものです。

佐藤夢美(ゆめみ)は17歳。そんな夢美が最近良く見る夢。大きな洋館の白い扉を開けると、そこには金の鎧をつけたあこがれの鈴影聖樹さんが!現実には2年前に母親を亡くし、父親と2歳の双子の面倒を一手に担う主婦と化しロマンチックなんて入る隙間もない~と嘆く。

けれどある日その夢と同じ洋館、そして扉を見つける。入った夢美はそこで封印された小さな箱を見つける。その時飛んできたボールが当たって箱の封印がとけ、その中に入っていた月光のピアスが夢美の耳に!と同時に光を放ち、駆けつけた幼馴染の高天宏(たかまひろし)、宏の後輩の光坂亜輝(こうさかあき)、冷泉寺財団のお嬢様、クールな鉄女と言われてる冷泉寺貴緒(れいせんじたかお)も一緒に浴びてしまう。

月光のピアスは呪いのピアス。夢美がドキッとする事で宏は狼に、亜輝は猫に、貴緒は鷹になってしまう。月光のピアスを外すにはピアスを含めた七聖宝を集めなければならない。七聖宝を守る使命にある銀のバラ騎士団総帥の鈴影とともに、夢美達はドイツへと向かう…。はたしてピアスの呪いは解けるのか?〈月光のピアスから)

なかなか説明を書くのも一苦労ですよ。言葉が難しくて。このシリーズも結構出てたと思いますが、藤本ひとみさんの本は次から次へとたくさん出てたので、買うのに苦労してどこまで集めたか分からんくらいです。他にも漫画家マリナシリーズとかありましたっけ。

こちらのシリーズは小説の挿絵もこの方達が描いてた(はず)なので、全然違和感なく読めました。やっぱりこうでなくちゃね~。なのでこちらはこの2作品だけで終わったのがもったいない気がします。

記事書くのに時間がかかりすぎて頭痛いのどうしたよって感じだわ。早く寝るつもりだったのに~。次回の本はまだ選んでませんが、何か漁って好きだった本を紹介できるといいです。
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
愛よりも…
NEW Topics
「青い空とあかね雲」取扱説明書
夏休みはあと2週間
疲れるとすぐ頭痛になります
8月になってた!
ダラッとだらけまくり
30周年…だと?!
1年経って…ようやくです。
お祭りで気をつけること
暑い、暑いんじゃ~
チリリ~ン
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
CalendArchive
プロフィール

たれまま

Author:たれまま
「らんま1/2」が好きな主婦たれままです。らんまや日常、乙ゲー、その他の漫画・アニメも語ってます。
文字ばかりですが、読んで頂けたら嬉しいです。初めての方は取扱説明書をお読みください。

FC2カウンター
検索フォーム