2013. 11. 23  
昨日はいい夫婦の日だったと、記事を上げてから気付いたたれままです。そういえばそんな日あったなぁ~。けれどいい夫婦の日に入籍、結婚したからっていい夫婦になるのにはお互いの理解?我慢?歩み寄り?等々ないと続かないよねと結構ドライに考えてるたれまま。そんなたれままんちも今日で結婚15周年…。が、特に何もなかったです。でもあと10年経つと銀婚式…。そんな年までお互い生きとるかのぉ~?ちなみに15周年は水晶婚式だそうです。

続きからはこないだの座談会の続きです。っていうか続いたな…。

た「『久しぶりだね座談会。この結末はどうなる?
 きっといつものように乱馬のへたれでオチるよ』座談会~
  と前回始まったわけですが、簡単に前回の説明から~」

た「たれままがあかねちゃんに渡した着物、
  実はある曰くつきの呪いが掛かった着物で着る事は簡単に出来るものの
  脱ぐことが出来ない。そこで乱馬・良牙・ムース・九能・八宝斉の面々が
  あかねちゃんの着物を脱がそうとしたところで終わりました~」

乱「終わりました~じゃねえ!そんな説明してる場合じゃねえだろが!!」
た「え~だって書いた本人が内容忘れちゃうからさ~
  改めてどんな話しだったか確認しないとね」
乱「っていうか、こんな座談会やめんか!」
た「でもあちらの面々はやる気満々だぞ?」
良「あ、あかねさんの着物を脱がすなんて、そんな!
  で、でも、他の奴らにやらせるくらいなら俺が!」
ム「天道あかねにシャンプーほどの魅力はないだが、
  ここは人助けのつもりで…しかたないだな」
九「ふっ、他の誰でもない。この僕が天道あかねの着物を脱がしてみせる!」
八「あっかねちゃ~ん、待っててね~!げへへ」
乱「この話しどう回収するつもりだ、たれまま」
た「ん~大丈夫だと思うよ。他のメンバーには脱がせられないと思うから」
乱「なんでそんな事言いきれる」
た「え、だって私が書いてるから」
乱「それを言っちゃみもフタもないだろ…」
た「じゃあまずは誰が~」
「八宝大華輪~!!」
一同『うぎゃ~~~~~~』

  (八宝大華輪で飛ばされる面々)

八「げへへ、他の誰にも邪魔させるものか!あっかねちゃ~ん、今行くよ~」
あ「ひっ、い、いやぁ~~~!!」

  (八宝斉があかねに抱きつこうとした瞬間)

「ぎょえ~~~~~~」(キラリン)

  (帯が八宝斉の体に巻きつき、ぐるぐる回しながら空へと高く飛んでいった)

た「やっぱり飛んだか…(ホッ)」
乱「ちょっと待て、今『ホッ』としただろ…」
た「(ギクッ)だ、大丈夫なんだってば。あの着物と、そしてあかねちゃんなら
  絶対他の人では脱げないはずなんだから」
乱「どういう意味だ、それは」
た「それは…」
九「よし、次は僕が行こう。天道あかね~今行くぞ!」
あ「い、いやぁ~~~~!!」

「のわぁ~~~~」(キラリン)

  (九能も同じく空へと飛ばされる)

た「ヨシヨシ…」
乱「ヨシヨシじゃねえよ!どういう事なんだ、あの着物はどういった着物なんだ」
た「実を言うとあの着物、下心がある人が近づくと反射的に
  相手をぶっ飛ばすようになってるんだね~」
乱「だね~じゃねぇ!どうすりゃいいんだよ」
ム「ふっふっふっ、ならオラの出番じゃな。
  オラなら天道あかねに下心なんぞ持っとらんから脱がせられるだ」
た「だといいけどね~」
ム「天道あかね、悪いが脱がさせてもらうぞ」
あ「………こしょこしょ」(小声で何かをムースに伝えてる)
ム「ん?なんじゃと」
あ「…だから…ン…が…よ」
ム「もっとハッキリ言わんか!」
あ「じゃあハッキリ言うけど!
  シャンプーが今ステージの裏から見てるわよ」
ム「な゛っなんじゃと!」

  (ステージの裏からシャンプーが出てくる)

シャ「ムース…これはどういう事ね…。出前サボって何してるかと思えば!」
ム「い、いや、違うんじゃ、シャンプー!これは」
シャ「今あかねの着物脱がそうとしてた、何が違うね」
ム「ひ、人助けじゃ!別にオラは天道あかねなんぞに興味はない!
  オラが好きなのはシャンプーだけじゃ!!」
シャ「ふん、もう知らないね。猫飯店に帰ってこなくていいね、別了」
ム「ま、待つだ、シャンプー!誤解じゃ~~~!!」

  (シャンプーを追ってムースはどこぞへか行ってしまった)

乱「…たれまま、お前、シャンプー呼んであったのか?」
た「念のために保険としてね。ムースなら…
  もしかしたら脱がせちゃうかもしれないからね。でも良かったわ~」
乱「良くねえよ!っていうか、まだ良牙が残ってるだろうが」
た「あぁ、それはもう大丈夫」

  (たれまま、良牙の元に駆け寄り)

た「後は良牙くんと乱馬だけど…ここで良牙くんにいい情報が…」
良「いい情報って何だ?」
た「実はね…ねぇ知ってた?着物って着る時に下着つけないこと」
「ぶっ!!」

  (鼻血を噴き出しながら倒れてしまった良牙)
  (なびきとかすみによって運ばれていきました)

た「純情な良牙君にはこの方法だよね~」
乱「たれまま、お前って奴は…」
た「さあ、残るは乱馬、あんただけだよ。さあどうする?」
乱「どうするも何も…」

ってところで今回も時間切れ~。また次回です。

「変なところで止めるんじゃねえ!」
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
私にとってはすごく早い!
NEW Topics
「青い空とあかね雲」取扱説明書
夏休みはあと2週間
疲れるとすぐ頭痛になります
8月になってた!
ダラッとだらけまくり
30周年…だと?!
1年経って…ようやくです。
お祭りで気をつけること
暑い、暑いんじゃ~
チリリ~ン
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
CalendArchive
プロフィール

たれまま

Author:たれまま
「らんま1/2」が好きな主婦たれままです。らんまや日常、乙ゲー、その他の漫画・アニメも語ってます。
文字ばかりですが、読んで頂けたら嬉しいです。初めての方は取扱説明書をお読みください。

FC2カウンター
検索フォーム