どこまで続くのか自分でも分からなくなってきた

普段何かしら書いたり内職していたりするので、いざ暇になったら手持ちぶさたでどうしていいか分からないたれままです。明日になったら月刊のカナオレパズル誌が出るので、それでも買えばまた違うんでしょうけど。

買い物ついでに本屋に寄ったら、欲しい漫画本はないし、パズル誌も漢字百選とか漢字特選?、アニメロジックとか惹かれるものはいくつかあったんですが、これを買ってしまうと締め切りまで絶対それだけになってしまう!明日出るカナオレ誌まで待つんだと思い留まりました。

漢字クロスかロジック系のパズル誌は好きですが、ナンバークロス(略してナンクロ)とか面倒なので割りと苦手です。イラストロジック(イラロジ)も好きですが、ひたすら塗り続けていくのは手が疲れるし、手が黒くなります(苦笑)

それに100問を2ヶ月で!とかだと「なんでそんなに必死になるのか分からんけどやらねば!」みたいな使命感に襲われるようです。そしてたまに「なんで私こんな事に時間使ってるんだろう…」と我に返ります。パズル誌に燃えてる方々はどうなんだろうか?

結局何も買わなかったので手持ちぶさたで…年賀状でも準備出来てれば良かったんですが、仕方ないのでまた家で溜まったアニメを見てました。久しぶりにRPG系のゲームでもやろうかと思ったけど、薬のせいか?お茶のせいか?いくらか頭が痛いような…?肩凝ってるのか?せっかくの休みを特に何もする事もなくダラッダラに過ごしました…。オカシイ、こんなはずでは!




た「『久しぶりだね座談会。この結末はどうなる?
 きっといつものように乱馬のへたれでオチるよ』座談会~
 まさかまさかでここまで続いてる、第3話目です」
乱「いや、たれままの時間の使い方が悪いからだろ」
た「う~む、そうだったのか!」
乱「もっと早くに気づけよ…」

た「前回からのお話~
  たれままがあかねちゃんに渡した着物、
  実はある曰くつきの呪いが掛かった着物で~」
乱「あぁ、またそっからかよ!簡単に言うと
  たれままが渡した怪しい着物をあかねが着たせいで
  脱げなくなって、それを脱がして欲しいって話だ」
た「おお~簡単だ」
乱「それでその着物は下心を持った奴では脱がせられなくて
  ジジイや九能、ムースや良牙…は違った意味で脱がせられなかったって話だ」
た「うんうん、そうだったそうだった!」
乱「たれまま、本当に分かって書いてるのか?」
た「うんうん、わかってるわかってる」
乱「ぜってぇわかってないな、こいつ…」
た「という訳で第3話だよ~今回は無事終わるだろうか?」
乱「とっとと書きやがれ!」

た「さて、残るは乱馬だけになった訳だが…さあどうする?」
乱「ど、どうもこうもやるしかねぇんだろうよ、話の流れからして」
た「そうそう、ま、それを言っちゃ~おしまいなんだけど」
乱「でも脱がすにしても下心持って近づいたらぶっ飛ばされる…」
た「あれ?下心あるんだぁ~(ニヤニヤ)」
乱「な゛っ!!べ、別にあかねの裸なんて見たところで」
あ「あたしの裸見たところで~なあに?」
た「ドキドキしちゃうから困るって~うぷぷっ」
乱「ちげえよ!」
あ「じゃあなによ!」
乱「ほ、ほらあれだ、俺自分の裸で見慣れてるからさ~
  あかねの裸見たって別に何ともないし」
た「そうそう、自分のは見飽きたから~あかねちゃんの見たら
  興奮しちゃう…(ドカッ)」
乱「変な事言うなっ!この変態!!」
た「痛いなぁ~殴ったよこの人~」
あ「自分が下心持ってること知られたくないんだ~だからやりたくないんでしょ?」
乱「んなわけねえだろ!誰があかねの裸なんかに興味あるもんか!」
あ「!!」
た「あぁ~余計な事言っちゃったなぁ~」
あ「も、もういい!別の人に脱がせてもらうから!乱馬なんか知らない!」

  (泣きそうな顔で怒って帰ろうとするあかね)

た「おいおい、変な方向に話がいっちゃったぞ~どうするべ~」
乱「ふん、知るか!」
た「馬鹿か、あんたは!知るかも何もないでしょうよ!
  他の人にやらせていいの?乱馬がそれでいいなら私はもう何も言わんぞ」
乱「………」
た「じゃあ~いっその事パンスト太郎にでも頼みに行くかな~。
  それとも下心あっても忘れちゃいそうな真之介くんあたりかな~(クイッ)」
た「ん?」
乱「……あいつらに頼むくらいなら…俺がやる」
た「え~別に無理しなくてもいいよ~イヤなんでしょ?」
乱「イヤじゃねえ!てめえ、分かってて言ってるだろう」
た「乱馬さ、言い忘れてたんだけど…
  乱馬にとって一番の脅威はあかねちゃんを失う事だろ?
  言っとくけど、アレだって曰くつきの着物なんだから、早く脱がさないと
  もしかしたら生命力とか吸い取られてるかもしれないぞ」
乱「なんだと!!それを早く言えっ!」

  (あかねの元へ急いで駆け寄る乱馬)

乱「あかね!」
あ「なによ!」
乱「その着物、早く脱がないと!」
あ「だって、誰も脱がせられないし、乱馬だってイヤだって言ったじゃない!」
乱「イヤだなんて言ってねぇ!」
あ「言った!」
乱「言ってねぇ!そ、そのお前の裸に興味ないって言ったけど…
  ほ、本当はそんな事思ってねえから…」
あ「えっ?」
乱「そ、それにその着物、曰くつきの着物だから
  もしかしたら生命力とか吸い取られてるかもしれないって」
あ「え、そ、そんな…ど、どうしよう…」

という所でまた時間となりました~。おかしいなぁ、今日で終わるはずだったのに!ドンドン話が脱線したから終わらなくなっちゃったけど…、これ本当に終わるかなあ~?

乱「まだ続くのかよ、この話…」

comment

Secret

CalendArchive

プロフィール

たれまま

Author:たれまま
「らんま1/2」が好きな主婦たれままです。らんまや日常、乙ゲー、その他の漫画・アニメも語ってます。
文字ばかりですが、読んで頂けたら嬉しいです。初めての方は取扱説明書をお読みください。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ