青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2013.12.12.Thu

本ってやっぱりいいものですね

年賀状いつもより早く頼んだのに、宛名書きできたのがまだ親戚7人だけっていう残念なたれままです。宛名書きも重要ではあるけれど、それよりも一言書き添える言葉が見つからない。それが一番時間かかるのに~。15日から受付だからそれまでには1枚でも多く出せるようにしたいです。

昨日はも~腰が痛くてご飯、お風呂後はなんも出来なくてとっとと寝ました。9時か10時かには寝てた気がします。少し腰が痛いとこにきて珍しく別作業の仕事で箱詰め。中腰くらいで腰を曲げてやってたので、帰りにはヘトヘト。今日も寝ていたかったくらいです。

でも木曜なので図書があって、腰が痛いから今日はお昼くらいで帰ろうかなと考えてたのに、帰ったのはいつもより遅い3時頃。新しく買う予定の本の選本、カタログから選んで注文書から探すなどやっていて、あれ入れたい、これも買いたいと次から次へと探したりしてたので遅くなってしまいました。またカタログ見てるのが楽しくてね~。自分では買えないけれど、学校で購入してくれるんだから子供達が読みたい本をたくさん入れてあげたいですしね。

自分が子供の時にこれだけいろんな本があったら私も読んじゃうな~って本を選びまくり~。まぁ予算があるので全部は入れられないでしょうけど…。それでも自分が選んだ本を子供達が次々借りてくれるのを見ると良かった~と嬉しくなります。やっぱり本っていいですね。



本繋がりという事で、こちらは漫画本ですけど…古本紹介で。今回はこちらの2種類にしました。

まず1つ目はこれ。




水沢めぐみさんの『ポニーテール白書』全5巻。

相原結(あいはらゆい)は剣道部所属の中学2年生。学校からの帰り道、ガラの悪い不良グループに囲まれている郡司一平(ぐんじいっぺい)を助けようとして、反対に助けられる。小さい時に川辺で出会った男の子はもしかして郡司くん?そう思ったら気になってしょうがない。でも郡司くんにはいとこの梓さんが、結にもフレディが好意を寄せいていて…。

多分だけど、一番最初に買った『ねこねこ幻想曲』の次に買った本がこの本だったと思うんですが、絵が可愛かったので買い、続きが気になってすぐまた次の巻を買って~と買い集めてった覚えがあります。

そしてもう1つ。




あさぎり夕さんの『なな色マジック』全6巻。

7月7日生まれの斉藤菜々子のラッキーナンバーはもちろん7。中学2年になり7組7番、これは何かいい事ありそう!と思ったものの、隣の席のお祭り男、小林一樹の登場にかなり迷惑。しかも菜々子の母が元ダンサーという事で、ダンサー希望の一樹が家に転がり込むはめに!

本の紹介をいろいろ考えたけど時間もないし、どこまで書いていいか悩むので両方ともすっごく短くなってしまいました。それにまた腰痛くなってきそうだし、明日に備えて早く寝なければ。

まぁ~昔懐かしい作品と引っ張り出しつつ、そうそうこんな話だったわ~と普通に読みふけってしまいました。ポニーテールもなな色も過去のものではあるけど、何の違和感もなく読めるのはいいですね。あぁ懐かしいわ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |