青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2013.12.28.Sat

言葉

昔ながらの金属製の湯たんぽに穴が開いて使えなくなってしまい、結構痛手なたれままです。冬場は湯たんぽでしょ!なたれままなので、お湯入れるタイプの湯たんぽは必需品。レンジでチンするタイプもありますが、あれは一時しのぎに過ぎない!それにそこまで温かくないので早めに温めて置いても、寝る頃までには冷めてる。朝までなんて保ちやしない。

プラスチックタイプの湯たんぽも前に使ってましたが、上に乗ったりすると壊れる…。金属製は早々壊れないと思ってたんですけど、湯たんぽお布団に入れておくと猫がその湯たんぽの入ってるちょうど真上に陣取って寝てたりするので壊れたっぽいです。ひび入っててお湯を入れたらそこからプク~ッと水が出てきたのでもう使えない…。あぁ私の湯たんぽ。

昨日は見るつもりなかったのになうしか見てました。息子が最初見るつもりでかけていたんですが、ゲームやりながらテレビつけてたので「見ないなら自分のお部屋に行って」と言ったら、なうしかよりもゲームを取ったようです。仕事で重いの上げ下げしてたので肩から来る頭痛になってたうえ、眠気と戦いながらなうしか見てたので、朝も寝坊するし(それは自分が悪いだけ)頭少し痛かったし、今日は仕事だったし。

でも今日で今年最後の仕事納めとなったのでひとまず一安心。掃除はしてないけど…ま、いっか。明日多少気になるところやればいいや。30日の餅つき準備やお米もついてこないとないし、正月のお節パック買いに行かなくちゃいけないし。薬局で金属製の湯たんぽも売ってるといいけど。



ここしばらくは年末年始で特番が多くやっていてほとんど見ないんですが、昨日テレビ見ていたらい.じめについてのテレビがやっていて、そんな見るつもりなかったのにじっくり見てしまいました。

有名な先生なのかな?今も現役なのか分かりませんが、その人を講師にしてい.じめについて中学1年生のクラスの子に話をしている内容でした。

自分が昔受け持っていたクラスで自分がいなかった時、その間に騒動が起きた。先生が帰ってきた時に見た光景は1人の子が椅子を持ち上げてクラスの子に投げつけようとしている所だった。「俺何もしてないよ」というやつに限って何かしたんだと思った先生はその子にどうしたんだと聞いたら、一言いっただけだと。先生はみんなにどうして彼が怒ったのか、考えるように言った。

その一言は言われた方にとってはすごく自分を馬鹿にしたような内容であり、侮辱されたような気になったんだと思う。しかもその時の一言だけじゃなく、多分日常的にそういう言葉をかけられていたんだと思う。それがその時になって爆発したんじゃないかと。

かける言葉が軽い人は、相手を軽く見ている。そして自分も軽く見られている。もっと相手のことも考え言葉を使って欲しい。簡単に言うとそんな内容の番組でした。

他にもいろいろ話はあったのだけど、上手くまとめられないのでこのくらいですが、こういう風に考える・考えさせられる授業をどの先生もやってくれたらい.じめなんて起きないのかな?って。

私もこうしてブログなんぞやってますが、自分が発した言葉が誰かを傷つけてないか、自分は正しいと思っても受け取る人にとってはどうかと考える時もあります。おバカな事を言ってる時もありますが、言葉には気をつけなければならないと思ってます。

別の話ですが、今日仕事の休憩時に20代の社員さんの話になり、「あの子の下では新しい人は育たない」という話をしていました。どうも言い方に問題があったりするようで、自分の親より年上のパートさんとかにも結構ひどい事を言ってるようです。そうなるとやる気がなくなっちゃいますよね。

そんな話を聞いて、自分はどうなのか?と振り返って考えた時に、私が息子に対してバカにしたり、やる気がなくなるような事を言ったりする事があると。最初のいじめの話じゃないけど、親なのに子供をバカにしてやる気をなくさせていたのだと改めて思い、なんてことをしていたのだと息子に詫びたくなりました。

ダメだとか、バカなんだからとか、そんな事ばかり親から言われてたらやる気もなくなるし、親の顔色伺いたくなりますって。何やるにも「~していい?」と聞いてきたりするのはそういうところからきているのかもしれない。もう遅いのか、今からでもやり直せるのか分かりませんが、軽い言葉、相手の事を考えて使う言葉っていうのをもっとよく知らなければなぁ~って昨日と今日とで感じました。

今のテレビ、内輪受けするような内容、相手を馬鹿にするような内容のものばかりで見たいと思うような番組ってないんだけど、もっとこのい.じめについての番組のような考えさせられる内容のテレビが増えるといいんだけどね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |