青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2014.04.20.Sun

見ないことが多いですが

日曜日のお楽しみ、びふぉーあふたー。うちでは4人全員が見ているという視聴率の高さ!そんなたれままんちですが、たれままはあまりテレビを見ません。パソコン向かってる時間のほうが長いからです。

そんなたれままですが、昨日は珍しくテレビ見ました。Eてれでやってた地球どらまちっく…皇帝ペンギンの子育てという内容でしたが、なんていうか、自然の厳しさみたいのを感じましたね~。息子がたまたまそのチャンネルにしたんですが、そんな見るつもりなかったのに最後まで見てしまいました。



南極の厳しい環境においてオスとメスが交代で子育てをするんですが、繁殖地でオスとメスが愛し合い、メスが卵を産んだらオスに託す。そしてメスは食事をしに100キロくらい離れた海まで餌を取りに行く。オスはその間卵を温め、2ヶ月間何も食べず(凍った雪で水分は取ってるようです)寒さに震えながら卵が孵るまでじっと我慢。

メスは餌をたくさん食べて蓄え、それを持ってオスのペンギンのところに帰らなければならないのですが、海に行けばアザラシなどの天敵に食べられる危険性もあり、それだけでもかなり過酷な状況です。オスのところに帰れたら今度はオスと交換し、卵から孵ったヒナを抱え蓄え餌を吐き戻してヒナに与え育てていく。オスは海へ餌を取りに行く。

それを繰り返してヒナが育つらしいですが、アザラシに食べられたりして帰ってこれない親もいたり、凍ってしまって卵が孵らなかったり、ヒナを失った親が別のヒナを横取りしようとしたりと、可愛いだけのペンギンしか知らなかったけど自然界で生き残るのはかなり大変なんだと知りました。

まぁだからなんだって話にもなりますが、人の世界も自然の動物世界も過酷な状況は似てるのかなぁ。人の場合いろんな外圧によるストレスが結構ありますからね…。そんな外圧にしょっちゅう晒され胃を痛めてるたれままなんです。あぁ今も胃の調子が宜しくないわ~。

最初にテレビをあまり見ないといいましたが、最近はもやもやさま~ずを見て結構大笑いしてる事があるのでそれはそれでストレス解消になってるのかも。けどびふぉーあふたーがやってる時はそっち優先なのでみれませんが。今日も久しぶりの放送だったのに息子がどきぷり録画したの見ててあまり見れませんでした。びふぉーあふたーを一番楽しみにしてるのは息子自身のはずなんですけどねぇ?

明日からはまた仕事、そして学校の役員の仕事が一回入ってるし、あと自分の歯医者もあるのでなんだかんだと忙しいのかも?これから黄金週間になるし…はぁ~ちっとも気分が晴れないわ。

 | HOME |