青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2015.04.09.Thu

思い出に残る入学式になりました

昨日はなんという日だったのでしょうか…ねぇ、昨日入学式だった皆さん。うちも例にも漏れず入学式だったのですが、
「何もこんな日に雪降る事ないじゃないよ~~~!!」
と叫んでしまったたれままです。寒かった、とにかく寒かった。

6日はとても気温が高く、息子と行った歯医者でもその日が歯学部の入学式だったようで、新入学生さんがいっぱい「入学式」の前で写真を撮ってました。うちの入学式もこれくらいいい天気だといいなぁ~なんて思ってたのにね。



昨日の入学式は午後からだったので、午前中は提出する資料やら、ジャージの裾上げやら、持って行く荷物やらを整えてたんですが、息子が「お母さん、積もってるよ~」というので「積もってるって何さ?!」と外を見たら雪!しかも結構なボタ雪っぽい雪。けど地面には積もってなくすぐに溶けてしまっていたので積もってはないんだけど。

この日のためにと買ったパンプス履いて、スーツ着て、息子は中学の時に着ていたセーターやコートを着て、雪の中学校へ出かけました。バス停まで5分くらいですが、慣れない高さのヒールにパンプス。滑らないようにとちょこまかと歩いていき、バスに乗って駅まで。学校最寄の駅に着いたときに同じ中学の子もお母さんといたので、学校までタクシー使って行っちゃいました。足が痛くて歩けないからさ~。

入学式自体は30~40分くらいで終わりましたが、その後クラスでちょこっと先生と顔合わせして少し話を聞いて、そしていよいよ高等部保護者集まっての役員決め。入学式の時に1年任期の今年の役員と来年、再来年の役員を決めてしまうそうで、人気のところは立候補でどんどん埋まっていくし、本部とかの大変な役は中学部とかからいた人がなってくれたみたいなので良かった。

地区の役員というのもあって、同じ地区の人で集まってコミュニケーションを取り、横の繋がりを作りましょうみたいな?それの企画をしたりするような役みたいで、うちの地区は5人しかいないので誰もやりたがらずにもめて、最終的にくじ引きして別の人が当たりました。

残っている役はなり手がないようなところ。役員になってない人でくじを引いてそれも何とか免れましたが、補欠という役員になった方が引越しや病気怪我などで出来なくなった場合、その人の役を代わりにやる役に当たってしまいました。1年生でやることにしたので、とりあえず補欠は3人だし何もなければ役をすることなく卒業することになりそうです。が、地区役員さんに当たった方が1人では不安というので「補助」という形でお手伝いすることにしました。横の繋がりは作っといた方がいいしね。

役員を決めている1時間くらいは子供達は先生と教室で話をしていたようですが、入学式前に緊張していた息子も先生に「おしゃべりですね」と言われるくらい何かしらしゃべってたようです。緊張はほぐれたか?

帰りも車で来ていた方に駅まで乗せてもらい、電車の定期を買おうにも混んでいて断念。電車に乗ってバスの定期を購入して家に帰り着きました。あまりの寒さと緊張と疲れで役員決め前くらいから頭痛くて、家に帰ってから早く寝たかったけど学校から貰ってきた提出書類を書いたりして遅くなってしまいました。

今日も今日で朝から頭痛くて薬飲んで仕事に行きました。息子は1人で初登校。1人でバスと電車に乗り、学校最寄駅に着いた時に電話するよういってたので「今着いた~」という息子ののんきな声を聞きホッとしました。仕事終わりに息子に電話した時も「今日僕1人で通学出来た」と喜んでいたので、また少し自信がついたかなと思います。

明日行けばまた休みになってしまいますが、これから3年間何事もなく無事に通えるといいです。不安はつきませんが、いろんな事にチャレンジしてもっともっと成長していけ、息子よ!

 | HOME |