青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2015.06.25.Thu

夏休みは本でも読み倒そうか?

せっかく洒落たカッコをしているのに、首にタオルを巻いてる時点で「これって…ねぇなぁ~」と自覚はしてるけどやめられないたれままです。洒落たカッコとは言うけど、多分皆さんが思ってるようなカッコではないかもしれません。自分の中ではお出かけ着くらいのものですので。それなのに暑いからと首にタオル巻いて図書に行っちゃう。そんなたれまま。

今日は休みだったので、銀行寄ってDVD借りて猫のノミ取り薬買ってから図書に行こうと考えてました。が、婆ちゃんが朝から手押しの耕運機を動かそうとしているのでイヤ~な予感はしてたんです。案の定、私も手伝わされる羽目になるんですが…。本当ならパパさんがやるんですが、休みの日が雨だったりすると出来ないし、そうじゃなくても動かないので当てにできず。最近は私と婆ちゃんで耕運機動かして畑耕してます。

今日も時間を考えて予定してた事が出来そうになく、時間ギリギリまでは耕してましたが、銀行に行くといって一度抜けて、帰ってきてからまた少しだけ耕しました。その間は婆ちゃんがずっと耕してましたが、車で出かける時危なっかしそうだったので急いで戻ってこなければとバタバタ出かけて戻ってきました。結局用事は銀行だけで、後のことは出来ず。耕運機を家まで運んでシャワーを浴びてさっぱりしてから図書に行きました。



今回はまた新たに購入する本の選出ですが、先生達が欲しいと思う本を図書室にないか確認して、購入する本の数を注文書に書き写す事をしてました。

毎年毎年こんなことやってるけど、昔と比べると本当に今の子達は本を読まなくなったな~と感じます。新しい本を入れても、最初はすごく人気があって出て行くんですが、前ならそれが結構続くのに今は一過性のものになっている感がすごくあります。活字離れ…のせいなのか、興味がないのか…。

シリーズ物で最初に入ったとしても、それ以降次の物語に進んでいかないんですよね。絵本から低学年の読み物、そこから高学年向けの読み物に移行しない。借りに来たとしても「借りたい本がない」「読みたいのない」と言われることも少なくないです。でもそれって自分の興味を引くものが何か分からないから、っていう部分もあると思うんですよね。薦める本もありますが、結局は自分が気に入る物って自分で探してタイトルや表紙から「これっ!」と思えるものを感じて借りるのが一番楽しいと思うんだけどなぁ~。今の子はそれすらも面倒みたいだ。

子供だけではないですけど、大人だって私だって最近は本を読むことがめっきりなくなったなと。時間もないですが、テレビもドラマも(ドラマは元々私は見ませんが)見てられなくなったな。録画も溜めてあるけど見てられない。

けど、今日物置に行ってひょいと置いてあった有.川.浩さんの自.衛.隊3部作「塩の街」「空の中」「海の底」を軽く読み始めたら、お風呂入るのも遅くなるほどでした。あぁまだ何とか本は読めるな。老眼とかになってないな(笑)ざ~っと簡単に読んでただけですが、懐かしさと新たにまた読むドキドキ?こういうのがあるから本って楽しいなぁ~と思うんだけどな。

夏休みは仕事ばかりになりそうだけど、図書室や図書館でいろいろなジャンルの本を借りてきて読んでみるのもいいかな~。知らなかった世界や、魔法などのありえない世界、良いも悪いもフィクション、ノンフィクションも混じって知っていく必要のあるものも。まぁその前に溜まった録画アニメ等見なきゃな。

 | HOME |