青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2015.10.15.Thu

バタバタまま

最近生き急いでるのか、死に急いでるのか分からないたれままです。忙しい…というか自分1人だけ忙しくしている、様な感じ。昨日なんかいい例で、仕事で人手が少ないため1人で今日分の仕事をやらなければならなくて、別にゆっくりやってもいいんでしょうが「こうなりゃ早く終わらせてやる~!!」とナゼだか張りきり、実際2人で同じ仕事をした時よりは遅いけど、1人でやるにしては早く終わった。「そんなに早く終わらせなくてもいいのに…」と他の同僚からは言われましたけどね。

たとえ時間かけてやったとしても、他のラインの仕事が終わってなければ手伝いに回されたりするので、それなら自分の仕事を早く終わらせて手伝いに入り、それも終わらせられればいいんじゃないかと思ったんだけど?自分の仕事さえ終われば良いと思うか、他にやれる事手伝うのが良いと思うか…。自分でも半分バカらしいなぁ~と思わなくもないんだけどね。いいように使われてるのも分かってるし。



今日は息子の学校へ校内実習の見学に行きました。先週も廊下から様子を見ましたが、今日は中に入って側でじぃ~っと見てました。きっと息子はやりづらかったに違いない(笑)先週と同じように箱の糊付け作業でしたが、前は廊下から見ていたので細かくは分からず、今日側で見て作業のやり方を確認しました。

糊付けとは言ってますが実際はボンドで、筒状で先が小さく穴が開いてる(例えて言うならお好み焼き屋さんでかけるマヨネーズのような入れ物)ので、カタカナのコの字を書くように糊を出し、折り曲げて貼る。(この時点では紙と糊はよくくっ付いてない)5枚やったら先生に報告。先生が貼った製品を押して糊をよくつける。子供達がやると折りじわが出来るのでやっちゃいけないらしい。紙に数字の5が20個くらい書いてあるので、5枚やったら5の1つに丸をつけて数を数えてるよう。見に行った時間の1時間くらいで息子は100枚やれてました。

糊を多く付けすぎると押した時に糊がはみ出したり、糊が手にくっ付いて製品にくっ付いてしまうとそれは失敗。先生に報告してアルコールで糊を取ってもらう。失敗しないように注意しながらみんなやってました。早い子は糊の付け方もスッスッとやってましたが、息子はゆっくり1つずつ丁寧にやってました。ツッコミたいとこもいくつかありましたけどね。

1時間ゆっくり見て、それからいつものように図書に顔を出してきました。こっちはこっちでいろいろやること満載で、優先順位を決めて取り掛かっても時間が足りないくらい。あぁもっといろいろ取り組みたい事あるのに時間が足りない~。来週から読.書.祭.りが始まるから家でも出来る内職作業しないと駄目かな。

そう思うのに、仕事で疲れ果て、家に帰るともうご飯の支度、お風呂出て落ち着く頃には眠くなったり、目が疲れやすくてやる気起きなくて早く寝ちゃったり。なんにしても時間が足りないなぁ~。息子も頑張ってるからお母ちゃんも頑張れるとこ頑張りたいと思うんだが、ろーがんと聞いてから気持ちが年寄りっぽくなってきたよ。気持ちは若いつもりでも体がついていかんのだな。笑えないわ…。

 | HOME |