青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2015.11.12.Thu

ショックが大きくて…

こんばんは、ちょっと数日前までは頭の中で時代劇の音楽やら場面やら流れていたたれままです。仕事始まりのちょっとした会話の中で“上様”というのが出たので「暴れん坊将軍みたいだな」と言ったら、小さい頃父親の影響で時代劇をよく見ていたという同僚と話が弾んでそんな脳内に。暴.れん坊.将.軍、水.戸黄.門、遠.山の金.さん、必.殺仕.事人、長.七郎江.戸日記、三.匹が斬.る、などなど。大.江.戸捜.査網なんてのもあったけど、さすがにそれは音楽位しか知らないわ。

けれど今日はそれを覆すほどのショックがあり、もう何も考えたくない…と落ち込んでおります。



毎週木曜日は息子が通っていた小学校でいまだに図.書のぼらんてぃあをやってます。もう10年…。本の修理とか本の登録とか、季節ごとの壁面の飾りとか。私はやってませんが読み.聞か.せのぼらんてぃあをやってる人もいるし、いろんなお母さん方の知恵や工夫、子供の様子を知りたい、読.み聞か.せが好きなどの理由でやってくれてる人がたくさんいます。

今の時期はちょうど読.書月間で読.書祭.りというのを開催中。低学年、中学年、高学年とそれぞれに目標を掲げてその目標を達成した子には折り紙で作った柊の葉っぱにクラスと名前を書いてもらい、廊下に貼ってある読.書の木に貼ってもらうんです。それと一緒に賞状としおりをプレゼントしてます。

賞状は図.書委.員の子達が書いたイラストなどを使って印刷した賞状で、しおりは折り紙半分に切ったのをちょっとだけ厚めの紙にのりで巻きつけて穴あけてリボン通したものですが、それをだいたいは私や他のぼらんてぃあさんが家や学校で内職しつつ作っていた物です。まぁほとんど私が作ってるんですが。

読.書祭りの時はぼらんてぃあのお母さん達が交代で賞状の名前書きや貸し出しの列を並べさせたり、図.書委.員がいなかったらカウンターでバーコードをピッとして貸し出し返却処理しています。今日は特に図.書委.員さんもこなかったし、ぼらんてぃあさんも少なかったので、カウンター2人と賞状書き1人とで分かれて対応してました。

貸し出しも返却も賞状も混雑~というほどではなかったけど、人の列がそんなに途切れないくらいにはいました。そこへ5年生の先生と子供3人がやってきて、この3人がしおりを大量に持っていったので謝りにきたというのです。貸し出し処理中だったのでどうしたものかと思ったけど、もう1人の方に貸し出し処理をしてもらって私が話を聞いたのですが…

今回700本くらいしおり作っているんですが、今日の時点で残りが100本くらいしかなかったんです。今日の作業で急いで100本新たに作ったんですが、こんなに達成した人がいるだろうか?持っていかれてるんじゃないだろうか…と思ってました。けど、信じたくなかったし、疑いたくもなかった。でもいざ実際に持っていきましたと見せられるとは!とかなりショックを受けました。それも数えてないけど200本くらいは持っていってた。あり得ない…。

もっとあり得なかったのはその3人に反省の色がなかったこと。なんで怒られてるのか謝らなければいけないのかが分からないと目の前でほざいてましたから。それに先生になんて言えばいいのか聞いてたし。「本の整頓します」「本をたくさん読みます」と言わされてる感ありあり。私が何て返したのか覚えてないほどにショックだった。図.書の代表の人が今日は用事があっていなかったので、あとで伝えときますと言ったのは覚えてますが。

先生の方も教頭だか校長には話をしましたと言ってました。けど、昼.読みに行ってた他のぼらんてぃあさん達が来てこの騒動の話をしたら、きっとしおりを持っていった子の親には話がいかないよね~っていう話が出た。自分達の子供がそういうことをしたらちゃんと言って欲しいけど、こういう事する子の親なら言ったとしても「たかだか学.校図.書の祭りのしおりくらい~」って思うんじゃないの?って。例えそうじゃなくてもそう思われるんだよね。先生は連絡帳にこの事を書いて親に伝えるのだろうか?

多分子供達は万.引きと同じような気持ちでやったと思うんだよね。賞状書くとこと、しおり置いてあるところが少し離れてたので、持っていこうとすれば大量に持っていけちゃうから。この子達じゃないけど、他にも高学年、中学年はページ数で目標設定してるので、分厚い本を借りて数日も立たないで返して目標達成したと言い張る子も割りといるので、明らかに読んでないだろ?っていうのもあったり。それでも目標達成してしおり選ぶのを楽しみにしている子もいるんですよ。そういう一部の子のためにこの祭.りの体制を無くしたくはないけど、やめることを視野に入れて考えなければならないかなと思えてきます。

性善説を信じたいし、今まで周囲にこれといって「こいつはすごい悪い奴だ!」というような人もそれほどいなかったと思うんですが、いざ目の前に、しかも5年生が…こういうことするのかって衝撃もあった。なんかもう、しおりのショックと子供がそういうことをしたショックとで虚しさが半端ないです。図書ぼらんてぃあももう辞めようかなと思いましたもん。

今後どうするかとかは代表の方や他のぼらんてぃあさん皆と話をして決めていく事になるだろうけど、せっかくの息抜きのぼらんてぃあでこんな状態になるとは…。ため息しか出ません。はぁ~~~~~。

 | HOME |