青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2016.11.03.Thu

息子は期待に応えられるか…

今日は文化の日で祝日でしたが、木曜なのでいつものようにお休みなたれままです。今日は昨日と違って暖かくなりましたね。息子も休みだし、どこか~と思っていてもやっぱりいつものように腰が重くて動かない…。息子にどこか行くか~?と聞いてもなんとも言わないので近場ブラブラしてきました。

写真屋さんで年賀状の注文、ホームセンターで来年のカレンダーを購入、フードコートで食べて、また買い物して家に帰るといった感じ。後は家でテレビを見てたりゴロゴロしてたり。机の周りがまた散らかりだしたので片付けたいとこですが、なんだか気持ちばかり焦ってなにしていいか分からない。いや、することは分かっているのに手をつけないと言った方がいいのか?

来週息子がまた作業施設で実習があるんで気持ち焦っているかも。昨日はその打ち合わせに行ってきました。電車の乗り換えが少し心配ですが、3日間だけだし、初日は私もついていくので平日の電車の様子を確認しつつ、息子には実習共々頑張ってほしいところ。

昨日その打ち合わせで、息子が通っている学校の3年の先輩が来年度から入ることになっていると聞きました。もうこうやって卒業後の進路が決まっている子もいるんですね。その子は息子と同じ農園芸の作業班だそうですが、入る前の最終確認でその子が施設に行った時、施設の人がその子に「学校で君の後継者を作りなさい」と言われたそうです。誰がなりそうか?と聞かれた時にその子は息子の名前を出したそうで、施設の方も「今度その子が実習に来るんだよ」と教えたそうです。

作業班は20人近い人数がいますが、その中の1人、しかも真っ先に息子を思い出してくれて、その上実習で息子が行くって事を知ってたわけではないのに名前が出たって事に施設の人もですが、一緒に行った担任の先生も私も驚きました。その子が作業班で一緒にやってた息子の頑張りをちゃんと見ていて、そして認めてくれてたと思うと本当嬉しいですね。期待に応えるためにも実習ほんと、頑張ってもらわんと。

 | HOME |