こんばんは、朝から舌を火傷したたれままです。これでまたしばらくは熱いのやしょっぱいの食べる・飲む時しんどい…。今は喉の様子も怪しくなってます。風邪引いてる場合じゃないんだってばよ!

4日は息子を床屋に連れて行き、町でやってたイベントをちょこっと覗いてから実家に行きました。また病院と家との往復です。父さんは点滴の量は減りましたが、まだ腰が痛くて動きが鈍いです。石も今入ってるんだか、出ちゃったんだか…良くわかりません。ちゃんと先生から話聞いとけ~。

5日は普通に仕事して、6日は学校でマラソン大会と修学旅行の説明会があったので仕事休んで行って、風が強い中、息子が頑張って途中から軽やかに走ってる姿を見てきました(笑)あと昔なら前に人が走っていても闘争心・競争心?があまりなかった息子ですが、今回友達を抜かそうと競ってた姿を見て、いくらかそういう感情も出てきたのかな~と少し感慨深いものがありました。全くないっていうのもどうかと思ってたので、そういう感情があれば負けられないから頑張りたい!って気持ちに繋がるんじゃないかな~と。マラソンの後は説明会で、それを聞いた後、また病院まで行って母さん乗せて実家帰ったり、また病院行ったりして、そして夕方に帰りました。

そして今日は図書なので顔出し少し折り紙して、お昼にはまた病院に。父さんの見舞い云々よりも母さんの足代わりみたいなもんですが、昼ご飯終わった後に父さんの足さすったりしてから実家に戻り、夕方また夕飯の時間前に病院に行くというサイクル。夏場なら4時5時でもまだ明るいですが、今の時期は4時半には暗くなるので5時前に病院行って少し様子見て急いで家に帰る。それからご飯作るって流れです。

今日でもう2週間。私が言うのもなんですが、疲れてます。母さんの方が疲れてるのはもちろんだし、親だからやって当たり前みたいに婆ちゃんには言われますが、それでもこちらだって精神的・体力的に疲れるんです。行く時はまだ明るいうちだからいいけど、帰りは暗くなるのであまり車の運転が好きではないたれままにとっては、暗くなってからの運転は更に困るものです。

視力が悪いのもあるし、対向車線のライトがまぶしてく運転してて怖く感じるんですよね。歩道に人が歩いてたり、信号変わる時に急に渡る自転車とか。行きにしても帰りにしても自分が事故起こすと、父さんが「自分のせいで」って思うかもしれないから、急いで帰りたくてもなるべくゆっくり、安全運転でを心がけて帰ってます。今のところ。

またあとどのくらい入院となるのか、症状が今どんな感じなのか、ずっと寝てたので足が衰えてるから今週からリハビリ始まりましたが、それもどのくらいかかるか、不安要素が多くて見通しが立たないところで更に不安があるのかもしれません。

とにかく今は自分が出来る事をしていくしかないんだけど、喉も少し痛いし風邪も引かないよう気をつけておかないといけませんね。