青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2011.11.03.Thu

祝日だけど仕事でした

今日は仕事。土曜日や祝日の仕事はろくなもんじゃないな~と思いながら帰ってきたたれままです。

いつもと違う(肉の部位の)仕事を月曜日からしてます。皮をベリベリ~ッと剥ぐんですが、それが結構力の要る仕事でして、親指に力がかかるため両親指の爪がじんじんする。そのうえ、いろんなお肉をパックする仕事までやらされて、精神的にダメージが…。

パックするお仕事は決められたグラム数を量ってパックの入れ物に入れていくんですが、流れ作業で機械でガチャコンガチャコンと入れ物が動いていってしまうので「お肉量らなくちゃ!」「グラムがあわねぇ!」「パックがいっちゃう~」という事をずっとやってたので、追い立てられてるような感じですごく疲れました。しかもそれを火・水・木曜と続けてやったので、ほんともう勘弁してって思います。

でもこれをずっと続けてやってる人もいるのだから、そういうコトを言っちゃいけないなって思うんだけど、それでも慣れないからいっそう疲れた気分。



精神的に疲れて家に帰ってきたら、3日(文化の日)なので近くのとこで産業祭がやっていて、婆ちゃんは友達とそこへ遊びに行ってて、パパさんと息子はどこぞへか行ってていませんでした。猫達もご飯くれた時はいましたが、そのあといなくなるし。

仕事から帰ってきて誰もいない家で洗濯物取り込んで畳んでる自分。なんだか虚しい…。

皆は遊んで家に帰ってくるけど、自分は仕事して帰ってきてもこうして洗濯物畳んだり、お風呂洗ったり、ご飯作ったりしなくちゃいけないのか…って考えたからだけど、これでご飯用意したのにパパさんや息子が何か買ってきて「ご飯いらない~」なんて言ったら、作ったご飯ひっくり返してやろうかと思いました。

昔の自分を振り返ると、実家にいた頃は私も何もしないで親に甘えていたな~なんて。仕事して帰ってきてご飯作って洗濯物畳んで、お風呂作ってと母はやってたんだな。遊んでる方が忙しくて何も手伝わず、お腹空いただなんだと言ってた自分が情けない。

女だから炊事洗濯掃除やらなくちゃいけないっていう観念がイヤだったのもあるけど、結局やらざるを得なくなってくるんですものね。結婚して少ししたら親のありがたさとかそういうコトも段々と分かってくるんですよ。

でも、だからって全部やらされるのはイヤなので、息子を自立させる一環として息子にはいろいろやってもらってます。でもこっちから言った訳でもないのに、息子は自分から掃除機かけとか御米とぎとかやってくれてるのでえらいな~と。それがいつまで続くか分からんが?

息子を産んで1ヶ月くらい実家に帰りアパートに戻ってきた時、部屋が埃だらけで白かったのを思い出すともうパパさんは今から言っても無理だろうからほっとく。息子と2人で地道に生きていくさ~。今月結婚記念日なのにね~10年以上も経つとこんなもんさ。あ、でも誕生日に持ち運べる電動歯ブラシもらった。誕生日覚えてた事に驚いた。

なんか変なことしか書いてないな、今日は。らんま以外のことが多くなってきたこのブログ。やってる意味があるのかなぁ?そういう事まで考えるほどヤサグレてるたれままでした。明日は仕事休みだからまったりしてよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuromieneko.blog18.fc2.com/tb.php/855-eb56b8be

 | HOME |