青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2011.12.12.Mon

相変わらず強いアニメ!

やふーの今日のニュースで「ラピュタ13回目の放送でも視聴率15.9%」っていうのに驚くと共に納得のいったたれままです。

じぶり作品の中で一番好きなアニメで、今回はらんまドラマの後だったので感想書く方に力を入れたため見れなかったんですが、そういうのがなければまた全部最初から最後まで見ちゃったと思います。

でも13回とはいうけど、毎年1回くらいやってるような印象だったので、そんなもんだったんだ!とビックリ。それとは別で自分でもビデオで持ってる。でも見たことない(苦笑)

続きは個人的な感想です。いくらか批判的な話も入ってるのでじぶり好きな人は見ないほうがいいかも?



そのラピュタ記事に2000件くらいコメントがあって、ついつい1/3くらい見ちゃいました。皆さん(私もだけど)本当にラピュタ好きなんだな~って思えて嬉しかった。たまに変なコメントもあるけど。

中でも「40秒で支度出来る子を相手に3分も猶予を与えてしまったムスカは、あの時点で負け決定だった」のコメントには吹いた!そういう見方もあったか!と。

それと私も思うんですが、じぶり初期の頃の作品は何も考えずに楽しめた作品が多かった気がして、だからこそ今でも人気があるんじゃないかなって。

最近の…私もどこまで見たか覚えてないんですが、ぽにょ・げど・ありえってぃは見てません。こくりこも。はうるやもののけ、せんとちひろは数回見ましたが、あんまり記憶に残ってないです。何が言いたかったのか分からなかったので。自分に理解力がないだけかもしれませんが。

なうしか・ラピュタ・ととろ・魔女宅あたりは何回も見て、それでもまた放送してたらきっと見ちゃうくらいドキドキワクワクするんですよね。個人的には耳をすませばも好きなんですが。

コメントに声優を起用しろ論争も起こってるんですが、確かに今のじぶりは話題性で俳優さんとか起用する事が多いのが気になってますが、声を聞いちゃうとその人の顔が思い浮かんじゃう人は私もやめて欲しいかなって思います。はうるのき/む/た/くみたいな。

その人の声だけアニメの中で浮いて聞こえるんです。俳優さんでもピタリと嵌まる人もいるんですが、何だかアニメと声とで別々な感じがする。一体感がないっていうか…。

それにテレビで「話題騒然」とか言われてるけど、実際映画館に見に行った方に話を聞くと「そうでもなかった」って聞くほうが多いんですよね。本当に話題性だけで。ストーリーに魅力がないのかしら?

だからかな?昔の方が面白いと感じるのは。ストーリーに起承転結があり、勧善懲悪な冒険活劇のラピュタは子どもが見ても大人が見ても分かりやすくて楽しめますからね。息子はととろが好きですが、ラピュタもいつかちゃんと見せたいと思います。前に見た時は最後まで見れなくて寝ちゃったから。

大きな入道雲をみるとつい「龍の巣!」「あの中にラピュタが!」って思ってしまうほどラピュタ好きなたれままでした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuromieneko.blog18.fc2.com/tb.php/903-3761c3e0

 | HOME |