青い空とあかね雲

「らんま1/2」や乙ゲー、日常について語ってるブログです

2012.03.06.Tue

悲しい、淋しい

朝から悲しかった…。雨が降っていた今朝、仕事に行くのに音楽かけながら車で歌を歌っていたのだけど、途中で野良犬?と思われる犬が道路を横断していた。幸い私の後ろにも対抗側にも車がいなかったので、犬を避けるように運転していたら…犬がこちらをもの悲しい瞳で見つめていた。

それだけでなんかもう悲しくて悲しくて。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン

機嫌良く歌ってたのにその犬に会ってから涙がおろろ~んと出て歌なんて歌ってられませんでした。通り過ぎる時にチラッと見ただけなので分かりませんが、首輪ついてたような気がするんですよね。それなのに周りには飼い主らしき人もいないし、雨の中ウロウロと歩いてたっていうのがもう悲しさMAX!!

分かってる、分かってるけど!こういう犬1匹すら救えないんだっていう自分の情けなさ、やるせなさ。犬や猫だけじゃなくて人だって今のこの時点のどこか空の下、同じような状況の人がいるんだろうと思う。それを考えたら犬の1匹にいちいち感情移入しても仕方ないとか思うんだけど、それでも悲しかった。泣き顔で仕事行けないから泣かないように我慢しましたが、今こうして書いてるだけでも泣けそうです。

仕事に行ったら行ったで、今まで一緒にやってきた社員さんが今月一杯で辞めるそうで、まぁ、それはそんなに悲しくもないですが(あら?)周りはこんなオバちゃん連中ばっかりですし、上の人にもいろいろ怒られたりもしたんだろうな。まだ20代前半だからいろいろ思うところがあるんだろうな~って事でね。いろいろ経験していいとこ見つけなよって思います。



今日は息子の学校では「6年生を送る会」をやったそうで、毎年だいたい木曜なので図書行ったついでに見れてたんですが、今年は火曜にされちゃったので仕事のため見れませんでした。

体育館のスクリーンに6年生の写真を映し1人1人紹介したり、在校生からは運動会の時に踊ったダンスや、5年生は6年生から引き継いだ鼓笛を披露したりするんです。今年は息子達の番だったから見たかったのにな~。仕事休んでまで…という物でもないけど、どんな感じだったのか気になるとこです。

帰ってきたら低学年から貰った卒業おめでとうの首飾りや、何年生が作ったのかわかりませんが写真のフレームに息子の写真が入ってるのをいろいろ貰ってきてました。

こうして段々と卒業を意識させられると、本当残りわずかなんだな…としみじみ思います。残り12日…。

来週の火曜日には「支援級の在校生で贈り物を渡したいので保護者の方も来てください」とメールを頂きました。行ったら泣いちゃいそうだわ。

今までが送る側だったのに、今度は送られる側になって初めて淋しさが募ります。卒業ってこんな感じだったっけ?自分の時はそんな事ちっとも思わなかったのになぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kuromieneko.blog18.fc2.com/tb.php/996-967ace35

 | HOME |